座禅

後藤道場では心の成長にも力をいれています。

その一環として行うのが稽古後の座禅です。

呼吸をゆっくり、深く、行うことで自分自身と向き合います。

座禅は仏教の行法で中国から日本に伝わりました。空手道も沖縄で発祥し仏教の教義や中国拳法の要素を多くといれらえ空手道として

世界に発展しました。

空手道を取り組む上で最も大切なことは心を育むこと、そして人に尽くし社会に貢献できるつよさをもつことだと思います。