武器術を学ぶ

沖縄で古武道といわれる武器術には様々な技があります。棒術やトンファー、ヌンチャクなどそれらは本来は空手の技術です。歴史を学ぶとよくわかります。本来空手道は対素手でという技術ではなく対武器として発祥されました。琉球での禁武政策の後、武器をもって襲いかかる外敵から身を守るためには素手で対抗する前に、農業などで日常使う道具を武器につくり変えて武器として闘っていた。

それが棒術やヌンチャク。

後藤道場ではその武器術の稽古にも力を入れ伝統武道としての空手道を追求します(^^)