救急救命講習に参加して

数年前から救急救命について少しだけ学んでいます。後藤道場の活動は空手にしても寺子屋スクール活動にしてもよくよく考えると子どもたちは危険と隣り合わせです。

もちろん危険がないように配慮し行うことは当然ですが不慮の事故の際、また個人的にもそういう場に出くわした際に自分ができることを

積極的に最大限にできればと、少しでの役に立てたらという思いでやってます。

先月は寺子屋修行と審査会の際に子どもたちや保護者様と共に講習会を受けさせていただきました。数年前から何度か受講していますが

やはり参加するたびに再確認と意識の向上になっていて継続しての受講が大切だと改めて痛感しました。私は一昨年に偶然にも自動車事故直後の現場に3度も遭遇しました。自分なりにできることをさせて頂いたのもこの講習会からでした。人はいつそういったことに遭遇するか、また身内がそうなるかわらないのです。何事も備えあれば憂いなし、とはいいます.

今後も実施していきますので皆さんご経験されていたほうが良いかと存じますよ^^