スクールガード講習会へ参加

私は鹿児島市立吉野東小学校のスクールガードをやらせて頂いています。

息子が昨年度からお世話になり、また道場に通ってくる子供たちの大半が

この小学校から来ているのでなにかお手伝いができればと志願しました。

先日、県と市が主催するスクールガード講習会に参加しました。

現状の説明から護身術まで含めた警備面での実践講習がありましたが

その中でも私は一番印象にのこったことが事故や事件が起きる前には

多くの小さな問題がすでに発生しているという「ハインリッヒの法則」

なるものでした。事故も、事件も起きる前に様々なトラブルや子どもたちの

生活の乱れ、などが起きていてその後に大きな事故や事件が起きている

ハインリッヒの法則。。。

1:29:300という割合で一つの大きな事故事件の前に29つの

前兆があがあり、その前兆のまえには300なる異変があること。。。

我々大人が子どもたちの生活の乱れや地域での異変に気付き、注意し、

そしてそれを一人のことにせず学校やご近所に伝えることが大事とのこと。

そういうことによって未然に防げるそうです。

いろいろなことを思わされた講習会でとても有意義でしたが子どもたちを

守るのはなんといってもまずは地域住民!

まずは希薄な人間関係をすこしでも改善していくこと、大人が意識を変え、向上

することが先ずは必要なのかもしれません。