試合へ向けて!

1月19日(日)開催の2020 チャレンジカラテ フェスティバル学年別型競技個人戦に向け型稽古に集中しています。型は自己と向き合い、努力するという

内面的強化が図れます。試合で勝つということを目標にしていても真義は自分と向き合う心の強さを成長させること。

今年は東京オリンピックで空手が初の競技種目として採用されましたがそれは賛否両論です。

本来の空手は競技主体ではなく生きるためのバックボーンとして日常に活かすための武道です。

後藤道場に通う子供たちにはそれを大前提として試合を一つの目標、課外稽古として取りくみ勝敗よりも試合をするまでの過程を最重視させています。

いずれにしても子どもたちが長い人生でつまずいた時の心の礎として役立つよう私は心がけています。

皆んな、大会ガンバレ!!(^^)