黒帯への道(^ ^)

来月昇段審査を受審する道場生の特訓を先月末から行なっています。その子は幼児から後藤道場で空手をはじめ現在中学2年生になります。色々な試練を乗り越えて続けてきた空手道であったとおもいます?いよいよ追い続けてきた黒帯へのチャレンジです❗
私は黒帯へチャレンジする道場生には心を鬼にして特別に稽古をつけます。それは技術を超えた精神面で自分に負けない強さを備えた真の黒帯になってほしいからです。それが空手を通して身につけた人生の大きな自信になります。

審査会の試験項目をクリアするには普段の稽古、そして審査までに弱い自分に向き合う時間が不可欠です。とにかく少しでも良くなるよう努力をしていくこと、そこに黒帯を締める資格が備わって行く時だと思います。

結果は元よりそのプロセスを大切にしたいと考えます。