夏まつり 盂蘭盆施餓鬼会を行いました!^^

8月10日(木)夏まつり 盂蘭盆施餓鬼会を行いました。これは昨年からはじめた夏まつりの意義を子供たちに伝え学び、子どもたち自ら運営するお祭りとお日本の風習であるお盆を再認識し

その古き良き伝承文化を伝えていくという趣旨のもとに行っています。

道場に通う子供たちが中心になり、その文化を学びながら事前に実行委員会や準備リハーサルまで行いました。そして当日は保護者様のご参加も多くありとて楽しくも有意義なお祭りになりました。

私は僧でありこの道場を主宰しておりますが武道の本義を伝えることを元に僧としても有形無形の日本の伝統文化を共に学びながら伝え次世代を担う子供たちの教育支援をもっと積極的に

行っていくことだと常々思っています。

世の中はあいかわらずよくわからない方向へ流れている気がしてなりません。情報だけが先走りしたり、おもしおおかしくして注目を集めたり、政治にも希望を見出すことが難しい世の中です。

そういう中でこれからの子供たちはいったい何を支えに信じていけるのか。。。よく思います。

本当に大切にしなければならないこと、そして信じられるものはなんなのか、子供たちに教えることをいつもいつも再確認しながら伝えさせていただいています。私がわかっておらず間違えることも多いのです。だから我々大人も子供たちのために謙虚に学ぶ姿勢が不可欠なのでそれが大人の使命です。

日本には世界に誇れる伝統文化があります、それはほとんどが精神からなることです。

武道もそのひとつですべてが精通しています。

これからも子ども達が楽しく学べる、経験できるそんな支援を今後も積極的に行っていこうと

改めて思える行事になりました^^ ご協力頂いた皆様ありがとうございました。