心を育む

後藤道場では子ども同士が教え合うということを大切にしています🙂最年少のRくん(^ ^)が組手で使うサポーターのつけ方を皆で教えるということも空手の技術以上に大事なことです。皆、こうやって関係性をもって成長していけるものです。ただ稽古ばかりをやって自分だけが上手になればいいのではない、何事も横のつながりをもつことで様々なことを感じ力を発揮できるのです。そして他人への思いやりをもつことも空手の技術より重視しています。だからこういった時間を私は急がせず遠くからじーっと見守ります🙆‍♂️🙂