諸行無常(^^)

道場を主宰していて一番辛いことはかわいかった道場の子が卒業していくときです。

しかし、いつの日か必ず道場を卒業していく、行かなければならない、のは世の摂理です。まだ字も書けないくらい小さかった道場の子がいつのまにか私の身長を超えて巣立っていくことは嬉しいことです。その反面、私個人としてはとてもさみく、しんみりとしてしまうことも多々あります(^^)世の中は諸行無常!(^^)ですが、やっぱりさみしいですね。

この月末もそういう子が巣立っていきます。

ひとりの子の人生に携われることはほんとに貴重で有り難く光栄なことです。その子がその子らしく羽ばたいていくことだけを私は願い期待しています(^^)

みんな人生を思いっきり一生懸命に生きろ!(^^)