昇段審査会を実施

幼児5才で入門した現在中学3年生がこの度昇段審査を受審しました。

多くの子が空手をやめていく中、学校生活や部活動などと両立させ続けてきた稽古の集大成でした。あきらめない心と立ち向かっていく強さに同じ道場の中高生も応援しての連続10人組手、

そして受審者のお父さんもはいじめた空手道で親子での組手もとても感動的でした。

後藤道場でたくさんの子供たちが黒帯を目指して稽古をしていますがその子供たちの道標となり

成長していく中高生たち、彼らの存在は大きくそれに続く青少年がいることに誇りを感じます。

道場の在り方といくことを改めて考えさせられ、次世代を担う青少年に少しでも貢献できる道場つくりをさらにめざしていこうと実感できた日でした。皆とともに成長あるのみ!^^