2019少年部夏合宿を行いました!

今年も夏休みが始まりました。夏休みが始まってすぐに夏合宿を行います。

今回の夏合宿は9月1日のチャレンジカラテフェスティバル組手競技個人戦が行われますがそこへ向けての組手の稽古とこの度のルール改正を試合を通して学びました。

有効を取るという事は意外と難しく、正しく技が出せなければとれないという事を子供たちは実際経験して学んだようです。また試合を見ながらどちらが勝ったのか、それはどうしてなのか考えながら進みました。でもさすが子供達、有効や技ありなどよく理解していて驚きました。

そして子供たちが楽しみにしていたヌンチャクの時間!実際手に持つととても嬉しそう!そして後藤先生から基本の動きを高学年を中心に学び、繰り返し稽古をしましたがさすが子供たち!あっという間に使いこなせるようになっていました。次は高学年が低学年へ指導。みんな楽しみながらでもうまくなりたいという気持ちが表情に現れて、とてもよかったです。皆さんに披露する日が楽しみです。

1日目の稽古が終わり、夜はにぎやかでした。友達と過ごす合宿、他の道場の子供達同士すぐに仲良くなって何をしても楽しそう。子供たちにとってとても大切な時間だと思う事でした。

2日目は6時から朝稽古、子ども達は5時にはほとんどの子が起きていました!朝稽古ではまず座禅を行いました。呼吸を整えて、嫌なこと悩み事を息とともに吐き出す。7分間の座禅ですがスッキリしたいい顔をしておりました。

その後は後藤先生から子供たちへ願いをこめたお話がありました。

それは「夢をもってほしい」ということ。子供たちに、これから目標をもって努力すれば叶わない夢はないという事を話されました。がんで亡くなったおじいちゃんをみて、同じような人を助けたいと医者になる夢を持つK君。 亡くなったお父さんの跡を継ぎたいと大工になると決めているY君。

子ども達がこんなにしっかりとした強い夢をもっていることに感動し、大人の私たちが元気をもらいました。子供たちみんなに後藤先生の願いが心に少しでも届いているといいな!と思います。

★夢を持つこと ★そのために努力をすること ★あきらめないこと(できるまでやること)子供たちのこれからが楽しみです。

その後は、子どもたちのお楽しみドッジボールとプールを行いました!ドッジボールは後藤先生も入って真剣勝負をしていました。子供たちも大盛り上がり♪でも後藤先生が一番楽しんでいたかもしれません(笑)

合宿を通して、子ども達が空手のことだけでなく、人生においてのさまざまな気付きを与えられたらと思っております。ご自宅で食事中にでもぜひ子供たちとお話してみてください。

2日間、ありがとうございました。