» 寺こや十五夜お月観会

お寺がとりくむ
子育て支援事業

トップページ > レポート > 寺こや十五夜お月観会

寺こや十五夜お月観会

9月24日金曜日

 

まだまだ暑い空気の中、すもう大会から始まりました。低学年、中学年、高学年に分けて、トーナメント形式で戦いました。すもうは日頃しているスポーツではないですが、何故だかみんなやる気満々で、キラキラしていました。それを見ている大人たちも楽しくてゲラゲラでした。笑い声は、伝染します。

 

すもう大会に続き、綱引き。2組に分けて戦いました。ただ綱を引き合う競技なのに、不思議と盛り上がる。仲間と息を合わせて戦うからか強い気持ちになります。綱引きが終わったあとは、なんとも清々しい表情でした。

 

そして、みんなでお外でお餅を焼いて食べて、そんな普通のことが楽しそうでした。

 

このあと、法要と月供養。子どもたちが一緒にいつものようにお経をあげて、いつものようにその景色に大人の私たちが感動する。

 

その感情のまま、山主がお月さまのお話をされました。『月と人の生活は必ずつながってる。』月が人間に大きな影響を与えている、月に左右されている、昔からそう言われていることで、月と人はずっと変わらない。 

 

お話を聞いて再確認して、お月さまの存在に想いを馳せて、また日常を繰り返す。月を見る機会は多いですが、何でもそうで、月との関係性を忘れてしまう。でもなぜか月を見ると、せつない気持ちになったり前向きになったりする。それでいいんだと思います。そして十五夜でまたしっとり確認し続けましょう。

(後藤道場スタッフ)

   

お問い合わせ

tel 099-243-9831

9:00〜18:00

メールでお問い合わせ

寄付金のご案内

後藤道場では、寄付金の募集をしております。
お預かりした寄付金は、子どもたちのための事業やイベント運営に活用させていただきます。

寄付金について詳しく見る

トップへ戻る