» 秋の寺子屋スクールキャンプ 霧島

お寺がとりくむ
子育て支援事業

トップページ > レポート > 秋の寺子屋スクールキャンプ 霧島

秋の寺子屋スクールキャンプ 霧島

10/30〜31

久しぶりのキャンプでした。
コロナで色々なことを我慢してきた子どもたち。まだ終息していませんが、こうして合間にに少しでも活動ができることに感謝です。

今回は、19名の子どもたちでキャンプ。

1日目は、キャンプに行く準備から始まり、着いたらまずテント張り。

一度、テントの張り方の説明をして、協力し合ってテントを張ってもらいました。あーだこーだとなるけれど、それぞれが意欲的に取り組んでいました。見ている方も楽しかったです。

その後は思い切り遊んで、夕ご飯作り。

夕ご飯作りはグループごとで担当を決めてその中で協力して、作りました。具材を切る係、飯ごうを準備する係。積極的に動く子どもたち。

みんなそれぞれの考えがあるので、ぶつかることもありますが、気持ちの切り替えができれば、さっきのことは無かったことになるようです。

あいにく、夕食時間に雨となり、少し残念な気持ちとなりましたが、笑顔でもりもり食べていました。

夜中の雨が心配になり、今回は急遽バンガローに移動しました。テントで寝れなかったのは本当に残念ですが、それもまた経験です。

自然はいつでもタイミングよく人に合わせることはないです。人が受け入れてうまく動いていくことが、色々なことに対しての術となると思います。

たくさん食べてたくさん笑って、興奮してるからすぐ寝ないけど、とにかくずっと楽しそうで、それだけで素晴らしいです。

2日目は、大浪の池登山。

片道約40分を子どもたちは元気いっぱいで登ります。子どもたちの気力と体力は、すごいです。昔、子どもだったはずの私なのに、理解できないくらい子どもは元気です。

頂上では、まだまだいける表情の子どもたちでした。景色も素晴らしく、空気もきれい。困難の先に、希望が見えてくる感覚です。

無事、2日間のキャンプは終わり、さすがに道場に着いたときは、みんなグッタリかと思いきや、とにかくずっと元気です。
いつもですが、お迎えに来たお父さんお母さんの顔を見て、安心した表情はかわいいです。

とにかく経験をして自分の中で強みを持って欲しいです。知らないことを知ることは、自分の中で盾にもなると思います。

とりあえず何でもやってみよう。やってみようが気軽にできるように、まだまだこちらも頑張ります。

2日間、ありがとうございました。

お問い合わせ

tel 099-243-9831

9:00〜18:00

メールでお問い合わせ

寄付金のご案内

後藤道場では、寄付金の募集をしております。
お預かりした寄付金は、子どもたちのための事業やイベント運営に活用させていただきます。

寄付金について詳しく見る

トップへ戻る